新田瑛のブログ2

思いつきで書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

題詠blog2011ボツ作品集(1)

002:幸
失望の後に誰もが行く先はただ幸福であればよいのだ

004:まさか
ぼろぼろになったこころの片隅を少し切り取る 痛い、まさか

006:困
わたくしを襲う苦悩に対してはノーが言えなくても困らない

007:耕
耕せば耕すほどに泥水が底の方から溢れ出てくる

008:下手
巷間の噂によれば大方の金星人はまじないが下手

009:寒
言い訳をあんまり上手く話せずにいてもそんなに寒がらないで

010:駆
快楽の外へ一緒にゆきましょう抜け駆けしたらゆるさないかも
スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

2011百首まとめ

【“2011百首まとめ”の続きを読む】

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

完走報告(新田瑛)

おかげさまで完走できました。色々トラブルがあった割には順調だったでしょうか……。
作品の質は別として。

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

100:完(新田瑛)

これまでの人生において完璧でないことだけが完璧である

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

099:惑(新田瑛)

どのように生きてゆこうか困惑の表情をして眠る君と

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

098:味(新田瑛)

今朝もまた味噌汁だけの朝食はただ味噌汁の味ばかりする

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

097:毎(新田瑛)

生きてゆく理由の無さを感じつつ毎週木曜食べるコロッケ

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

096:取(新田瑛)

悲しみの底から爪の先までを切り取り線に沿って切り取る

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

095:遠慮(新田瑛)

見覚えのない人達に囲まれて誰にも遠慮がいらないのです

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

094:裂(新田瑛)

過発酵した魂が破裂して育った虫がわじゃわじゃ出るよ

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

093:迫(新田瑛)

だいぶ長いあいだ圧迫されたのでヘコんだままになっているのです

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

092:念(新田瑛)

残念なことに私の行く手にはもう朝顔が咲かないのです

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

091:債(新田瑛)

青空に逃がしたはずのかなしみが負債となって降り注ぐ夜

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

090:そもそも(新田瑛)

完璧な腹立たせ方まさか君はそもそも団の副団長か
このページのトップへ

089:成(新田瑛)

殊更に成果を上げる人がいる 僕は流れるプールで泳ぐ
このページのトップへ

088:湧(新田瑛)

抱き合って眠るあなたの背後から雨雲が湧いてくるのがみえる
このページのトップへ

087:閉(新田瑛)

二年間閉まったままであるはずのドアが全く錆びついていない
このページのトップへ

086:貴(新田瑛)

ずっと待ち続けてました貴乃花がまだ貴花田だったころから

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

085:フルーツ(新田瑛)

水道を直す仕事をしていますフルーツの香のただよう星で

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

084:総(新田瑛)

自分だけを信じて生きてきた人は総じて耳に毛が生えている

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

083:溝(新田瑛)

洗面所から排水溝を通り抜け川を流れて海に出る夢

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

082:万(新田瑛)

万能な人になろうと思いながらオロナミンCを一気飲みする

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

081:配(新田瑛)

図書館のドアを通して吹きぬける風に漂う宇宙の気配

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

080:結婚(新田瑛)

「わたしたち結婚します」草むらに彼方よりくる風を迎えて

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

079:雑(新田瑛)

憧れを離して左手の多い雑居ビルにて日常を待つ

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

078:卵(新田瑛)

困惑と期待の混在したものが卵大まで膨らんでいる

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

077:狂(新田瑛)

欲望が渦巻く世界 闇雲に情が移れば狂いたくもなる

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

076:ツリー(新田瑛)

氷上に浮かんで独りクリスマスツリーを持ってはしゃぐ白熊

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

075:朱(新田瑛)

たくさんの意味を喪失することでからだは朱に染まるけれども

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

074:刃(新田瑛)

やいば、刃 奥底にある血流をきっとあいつに見せておくれ

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

新田瑛

Author:新田瑛
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

旧ページ1500+

blogram

blogram投票ボタン

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
6295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

597位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。