新田瑛のブログ2

思いつきで書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

あほな注意書き

紙コップに書いてあった注意書きです。

「ホットドリンクをご利用のときは、熱くなりますのでご注意ください。」


スポンサーサイト
このページのトップへ

短歌3首

うわさでは知っていました みずうみのなかにあなたが石であること

夕立ちの窓に向かって指先であしたを予感している私

週末に会えなくて、でも水辺にはあなたの羽が光って見える


このページのトップへ

アナグラム

悲しい、泣くしかないな



【“アナグラム”の続きを読む】
このページのトップへ

テレビでの話

奇跡の4日連続更新!!

ある情報番組で、「自由が丘が今ケーキ屋の激戦区になっている」という内容の特集がありました。その中での、とあるパティシェのコメント。
彼は、自由が丘で通用すればどこに行っても通用する、というようなことをで言いたかったたのでしょうが……。

「自由が丘で通用しなければどこ行っても通用しないんじゃないですか」
このページのトップへ

英語における敬称について

 一昔前は英語で未婚女性の氏には"Miss",既婚なら"Mrs."をつけていましたが,最近は女性は"Ms."で統一されているようです。
 しかし,これでは不十分だと私は思います.男女平等が取りざたされている今日,やはり男女につける敬称は統一すべきだと思います。
 かといって「"Mr."に統一だ」などといってはまた男女差別だといわれるので,"Mr."でも"Ms."でもない新しい敬称にするのが良いと思われます."Mr."の r,"Ms."の s の次の文字ということで,
"Mt."はどうでしょう。
読み方はもちろん「マウント」です。
 いかがでしょうか,Mt.○○?
このページのトップへ

『或る男の悲劇』

 貧しい男がいた。男は人づてに、牛の舌を焼いたものが大層美味であるという話を聞き、それが食べたくて我慢ならなくなった。
 だが男がそれを口にするにはあまりに高価であった。悩み果てた男は知恵を絞り、こう考えた。

「人間の舌も牛の舌と同じように美味いのではないか。人間ならそこいらじゅうに歩いている。」

 しかし心優しいこの男には人を襲うことなどできなかった。男は出会う人出会う人になりふり構わず尋ねてまわった。

「わたしは舌を食べてみたいのです。どうかあなたの舌を食べさせてくれないか。」

 もちろん自らの舌をくれる者などいるはずもない。それでも男は諦め切れなかった。最早取り憑かれていると言ってもよかった。

 男は最後の手段に出た。自分の舌を切り取り、それを焼いた。次第に香ばしい香りが漂ってきた。いい頃合だ。男はそれを口に入れた。
 男にはそれを味わうための舌は無かった。


このページのトップへ

自分の作品

別ページの作品を転載しただけですが・・・

『タイトル未定』

銀河時間一昨日の夢で会いましたきれいなひとはあなたでしたか

地上とは中二階から半地下へ行く階段の踊り場である

アカマツの幹にもたれて夏の宵 べっこう飴をふたりで濡らす

夜 ちいさなちいさな海老でいっぱいの海はひかってみえるのだそうです

いつだって一緒にいたい 不発弾処理もデートと思えばデート

くちびると幸福の比にくらべれば4:3の安泰なこと

揺るぎない湿度の中で抱き枕が抱かれ枕を抱く夏の夜

おにぎりを両手で食べる男にはサラダボウルを投げつけていい?

人間のげに恐ろしき欲望は「プ、プ、プ、プリンをうなるほどくれ」

人間に思えない名を持つ人は人間じゃないのか その辺どうなのか

気に喰わぬ言葉がありてその言葉が使われそうな前兆がある

どうしても僕と君との人称の一の違いが解消されず

君と乗るジェットコースターの行方は下りばっかりで面白くない

紫蘇はもえやすいと信じていましたがまちがいでした 紫蘇はもえにくい

冷静にふるまっているがプライドを傷つけられて泣きそうである

カンガルーのグーパンチで君を叩いた夜は右手が傷を欲しがっていた

万能になりたいんですガチャピンの中に入っている人みたく

ワンタンの肉の部分が生臭いワンタンメンに愛はないのか

絶唱とはいえない程の大声でドナドナを歌う僕をゆるして

原因があって結果があるように大事な人を失いました

何故ここに在るのかという疑いを抱かせる為この場所に置く

信じ終えましたあの日の約束は これから絹を買いにゆきます

独りぼっちになってしまった それはそれはたくさんの花抱えたままで

僕は何処へ行ける 確かに傷ついたはずの右手で癒されながら

悪役に徹することを期待されてやわらかくなるあいのかたち

もう僕の右手と君の左手が繋がることはないのでしょうが

夜は夜で、悲しみほどの大きさのきれいな花が咲いたりします

来年の梅がつぼみを見せるころ生まれることに決めましたから

幾千の月日を経れば僕たちを見下ろす朱鷺の番いみたいに

いつまでもしあわせに暮らしましたとさ、の「とさ」って何? 「しあわせ」って何?
このページのトップへ

AMICAへのTBです。

(内輪話です。他の方すいません。)
見に来てくれてありがとうです。多分僕がおじゃましたからかな?
実は僕は以前から貴女のことを知っているのですよ。(←ストーカーとかじゃないです…)
さて僕は誰でしょう。
ヒント:黒髪、牛舌
お手数ですが前のTBは削除してください。<(_ _)>
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

新田瑛

Author:新田瑛
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

旧ページ1500+

blogram

blogram投票ボタン

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
3523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

230位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。