新田瑛のブログ2

思いつきで書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

080:結婚(新田瑛)

「わたしたち結婚します」草むらに彼方よりくる風を迎えて
スポンサーサイト

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

079:雑(新田瑛)

憧れを離して左手の多い雑居ビルにて日常を待つ

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

078:卵(新田瑛)

困惑と期待の混在したものが卵大まで膨らんでいる

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

077:狂(新田瑛)

欲望が渦巻く世界 闇雲に情が移れば狂いたくもなる

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

076:ツリー(新田瑛)

氷上に浮かんで独りクリスマスツリーを持ってはしゃぐ白熊

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

075:朱(新田瑛)

たくさんの意味を喪失することでからだは朱に染まるけれども

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

074:刃(新田瑛)

やいば、刃 奥底にある血流をきっとあいつに見せておくれ

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

073:自然(新田瑛)

不自然な言葉をいくつ投げかけて傷つくことを怖れただろう

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

072:汚(新田瑛)

幸せになってください 汚さを犠牲にしても構わないから

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

071:謡(新田瑛)

童謡を捕まえにいく手のひらは眩しいものを求める手段

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

070:介(新田瑛)

一筋の光が突如差し込んで僕のいのちに介入せよ、と

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

069:箸(新田瑛)

自分にはどうにもできぬことがあり例えば右手で箸を持つこと

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

068:コットン(新田瑛)

遠目にはやわらかそうでコットンのごとく緻密に絡まっている

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

067:励(新田瑛)

登校後下校時までは将来を信じるふりを励行すること

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

066:豚(新田瑛)

19年食べ続けてきたハンバーグは豚の挽肉だったということ

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

065:羽(新田瑛)

いつのまに見えなくなってしまったの 一緒に羽化するはずだったよね

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

064:おやつ(新田瑛)

将来に不安を感じないためにおやつのことを考えておく

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

063:丈(新田瑛)

「どうしたの」と聞いたところで「大丈夫」と答えるのだろう だから「おやすみ」

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

062:墓(新田瑛)

ふるさとを遠く離れて住んでいる町の外れの墓地でしゃがみこむ

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

061:有無(新田瑛)

只管に理想の道を求むべし可能性の有無にかかわらず

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

新田瑛

Author:新田瑛
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

旧ページ1500+

blogram

blogram投票ボタン

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
2712位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

235位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。