新田瑛のブログ2

思いつきで書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

旧作にもう一度日の目を(その3)

題詠マラソン2004後半より。開き直ってしばらく続けます。

あのひとに会えないことのかなしみを磨けばきっと光る稲妻

青い傘が見つからないの、だからその、だからあなたに会いに行けない

首すじの冷たさで気づく追い風を追い風にして君に会いに行く

夜 ちいさなちいさな海老でいっぱいの海はひかってみえるのだそうです

〈ご注意〉キリンの黒はシールです。剥がないでください。 創造主

一人だけ芽が出なかったあさがおを抱えて帰る夏休み前

揺るぎない湿度の中で抱き枕が抱かれ枕を抱く夏の夜

再会はザルツブルグで夏服でお互い淡い経験をして

24:05奇跡は訪れず遠くなりゆくプラットホーム

絶唱とはいえない程の大声でドナドナを歌う僕をゆるして

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juic7892009.blog71.fc2.com/tb.php/181-21887035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

新田瑛

Author:新田瑛
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

旧ページ1500+

blogram

blogram投票ボタン

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
3691位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

313位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。