新田瑛のブログ2

思いつきで書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

022:職より

<題詠blog2009>022:職より。

近頃の不景気を反映している気がしました。

022:職(五十嵐きよみ) (NOMA-IGAオペラ日記)
とりあえず職業欄に特大のひまわりの絵を描き入れておく

022:職(遥遥) (たんかのきりかた2)
職場から帰る夜道の桜花つぼみは堅し靴音を聞く

五十嵐きよみさんの歌。何もかも吹き飛ばしてあかるくなれそうですね。とりあえずは。
遥遥さんの歌。いつかきっとさくら咲く日がきるのでしょう。それまでは靴音を聞いて辛抱ですね。

↓天職な歌たち。↓

022:職(星野ぐりこ) (題詠100首爆走中。)
指紋には職人として生きてきた誇りが刻み込まれています

022:職 (佐東ゆゆ) (Putting Holes in Happiness)
「古いふるい曲だよ」という センセイが職員室でこっそりと泣く

022:職(音波) (短歌のなぎさ)
職業を告げあう冬の喫茶店 ここから二人を始めるふたり

022:職(石畑由紀子) (裏デッサン。短歌・題詠マラソンを走っています。亀スピードで。)
熱病に抗えぬまま君に手をのばす殉職への序章(プレリュード)

022:職(KARI-RING) (ほとりほとりと藍色の海)
聖職者にはわからない行き先を自分で全部決める自由は

022:職(村本希理子) (きりころじっく2)
傘をさすほどぢやない雨 職歴に主婦と書いたり書かなかつたり

022:職(兵庫ユカ) (Blog [ .bypass ])
これは前の職場のときにコンビニで買ったハンカチだとまた思う

022:職(月原真幸) (さかむけのゆびきり。)
神様は職人じゃない ときどきはできそこないを平気でつくる

022:職(kei) (シプレノート)
休職の願いなんなく受理されて戻る道などないかもしれぬ

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://juic7892009.blog71.fc2.com/tb.php/208-4f39c979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

新田瑛

Author:新田瑛
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

旧ページ1500+

blogram

blogram投票ボタン

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
3557位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

317位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。